category : 個人住宅

かれこれ15年目を迎える自邸。当時はCASE STUDY HOUSEに憧れ、外部と内部の境界をできる限り曖昧にすることで、開放感やシンプルさを表現することが好きだった。ビル用サッシ窓はできる限り窓の存在感を消し、木製サッシのみが木の温かみを表現している。天井を板張りとしたため、床はジュータンとすることで音の反響を抑える効果は大きい。商業地域という周辺環境の中、南向きの2階リビングにより日中は十分すぎる採光を確保できる。一見複雑そうに見えるプランも、1階と2階の部屋はほぼ同じ間取りとなるシンプルなプランとした。